Java入門 part 1 – 開発環境について

Java入門
スポンサーリンク

Javaってなに?

A.Javaとはオブジェクト指向型プログラミング言語です。

非常に動作が早く、C言語の後継言語です。

更に、mac、windows、Linuxといった様々なOSでも同じように動作させることができるのもJava言語の特徴です。

Java言語でなにができるの?

Java言語では様々なことをすることができます。

例を挙げるとすれば、ゲームを作る人もいますし、サーバーサイドを作る人もいます。

ちなみに、現在Javaでオンラインゲームのサーバーを書いています。(いわゆるサーバーサイドと言われるものですね。)

Javaの開発環境について

Javaアプリケーションの開発はどのOSでも開発することができます。

今回開発するために使うソフトウェアが対応してるOSはwindows、mac、Linuxに対応しています。

それ以外のOSはわかりませんが、以上の3つになります。

ソフトウェア

開発に使うソフトウェアはIntellij ideaを使用します。

ソフトウェアの導入については他にもたくさん記事があるので、ググってください。

日本語化もしておくといいですよ。

Intellij idea 日本語化などと調べると日本語化についての記事が出てきます。

なぜIntellij ideaを使用するのか

Javaの開発をするソフトはIntellij ideaの他に有名なものであれば

eclipse、NETBeansなどというソフトがありますが、Intellij ideaはとても使いやすく、

プラグインもeclipseに対抗できるほど豊富だからです。

簡単にプロジェクトの作成ができ、おすすめです。

最後に

短い記事となってしまいましたが、どうだったでしょうか。

次回は文字列の出力から変数についての解説をしていきたいと思います。

※内容は変更になる可能性もありますが、ご了承ください。

 

この記事を書いた人

Javaなどをメインにプログラムを組んでいるritoです。
CosgyDevで適当に働いてます((
ブログを書きながらサーバープログラムを書いています。
好きなことはパソコンで、ハードオフ巡りが趣味だったりします。

ritoをフォローする
Java入門プログラミング
スポンサーリンク
ritoをフォローする
りとブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました