Javaで日付を取得する

Java備忘録
スポンサーリンク

2019-1-1 12:00:00形式で取得する

public static String getYearDateTimeStamp() {
    Calendar calendar = Calendar.getInstance(TimeZone.getTimeZone("JST"));
    SimpleDateFormat dformat = new SimpleDateFormat("yyyy-MM-dd HH:mm:ss"); 
    return dformat.format(calendar.getTime());
}

2019-1-1形式で取得する

public static String getYearDate() { 
    Calendar calendar = Calendar.getInstance(TimeZone.getTimeZone("JST"));
    SimpleDateFormat dformat = new SimpleDateFormat("yyyy-MM-dd"); //日取得

    return dformat.format(calendar.getTime());
}

1-1形式で取得する

public static String getData() { 
    Calendar calendar = Calendar.getInstance(TimeZone.getTimeZone("JST"));
    SimpleDateFormat dformat = new SimpleDateFormat("MM-dd"); //日取得

    return dformat.format(calendar.getTime());
}

12:00:00形式で取得する

public static String getTimeStamp() { 
    Calendar calendar = Calendar.getInstance(TimeZone.getTimeZone("JST"));
    SimpleDateFormat dformat = new SimpleDateFormat("HH:mm:ss"); //時取得

    return dformat.format(calendar.getTime());
}

01形式で日付を取得する

public static String getmonth() {
    Calendar calendar = Calendar.getInstance(TimeZone.getTimeZone("JST"));
    SimpleDateFormat dformat = new SimpleDateFormat("MM");

    return dformat.format(calendar.getTime());
}

SimpleDateFormatについて

今回は例としてですが、日付の取得の仕方を変更することもできます。

どういうことがと言うと

SimpleDateFormat dformat = new SimpleDateFormat("yyyy年MM月dd日 HH時mm分ss秒");

のように2019年1月1日12時00分00秒のように取得することも可能です。

注意

今回の時間の取得の方法は時間を取得する専用のクラスを用意してプログラムを組むことを前提としています。

返り値をStringにしているため、呼び出す時にString型として呼び出します。

つまり、呼び出したものをString型に代入することができます。

もしもクラスを分けずに時刻を取得する場合は、

returnで返しているもの

dformat.format(calendar.getTime());

までを記載してください。

ファイル名に時間を使用する場合は、SimpleDateFormatをハイフン(-)やコロン(:)を月や日に変更しないとファイル名では使えない文字ということでファイルの作成ができないので注意してください。
この記事を書いた人

Javaなどをメインにプログラムを組んでいるritoです。
CosgyDevで適当に働いてます((
ブログを書きながらサーバープログラムを書いています。
好きなことはパソコンで、ハードオフ巡りが趣味だったりします。

ritoをフォローする
Java備忘録
スポンサーリンク
ritoをフォローする
りとブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました